2020年03月17日

けやき寄席 定席について


<お知らせ>


2019 年11月に、20年の間続けてきた小さな落語会から5人の真打が生まれ、そしてそれがご縁で、なんと阿佐谷に「定席」が生まれました!
名前は「けやき寄席/立川志らく一門 玉手箱の落語会」

志らく一門総勢約20人の真打から前座までの誰が出るか??当日のお楽しみという、定員30名の小さな落語会です。
2ヶ月に一回のペースでおこなう落語会で、その第一回が今度の土曜日21日でした。

でも、コロナウィルスの影響で、こけら落しにあたるこの会は「中止」を決定いたしました。

しかし、定席というのは落語家さんの「練習の場」「修行の場」でもある訳です。
そこで、「練習の場としての落語会」を行うこととしました。

@換気をして会場の椅子やドアノブなど消毒します。
@時間は一時間だけとします。
@椅子と椅子との間隔を開けます。
@マスク着用を原則とします。
@入場時に手を消毒していただきます。
@お体の調子が悪い方は、ご遠慮ください。

という条件で、こんな時こそ「笑」の時間が欲しいと思われている方には、無料で観覧できるようにいたしました。

時間は21日(土) 14時から15時までの一時間

無観客でやることも考えましたが、やはりお客様の反応が落語家さんの「命/勉強」になる訳です。

又、見たいけれどマスクが無いお客様には、手作りですが落語家さんの手拭いで作った簡易マスクを差し上げます。
(10名様限定)

色々、ご意見はあると思いますが、こんな時こそ『心を緩める一時』があっても良いのでは、、、そんな気持ちで行う決心をしました。落語家さんも同じ気持ちです。力、入っています。
よろしくお願いいたします。

又、この模様はなんらかの形で、後日動画として発信する予定です。

IMG_1543.jpg
IMG_1544.jpg

posted by akopaji at 08:57| 東京 ☀| 落語会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする